期間工で頑張ればまとまったお金を入手できる

期間工は、会社の寮に住み込みをしながら働くから、自分で家賃を支払いながら働くよりもお金を貯めやすい環境です。さらに、工場内の食堂などの食事では補助が出るケースもあるので、会社によっては毎日の食費も節約できます。日本全国に広く期間工の求人が出ているから、タイミングが合えば応募してからすぐに働くことが可能です。会社が手配した寮に住むから、現地の滞在ではあまり気を遣う必要がなく、通勤についても基本的に会社と寮の間を往復しているバスに乗ります。

まさに至れり尽くせりの労働環境ですが、それだけ期間工の仕事がハードであることも事実です。会社が住環境と食生活をサポートしなければいけないほどきついので、勤務中はしっかり食べて、よく眠ることを心がけましょう。住み込みの期間工は、期間延長が可能な場合が多いものの、それでも最長2年ぐらいでいったん解雇されます。期間満了であれば再度応募することもできますが、まとまったお金を貯めて、その資金で何か別のことをやる方も大勢います。

働く期間によって期間満了金などの契約条件が異なってくるので、よく調べた上で自分が勤め上げられる期間を選択しましょう。最初の配属先によっても働きやすさが変わってくるのが期間工の特徴だから、まず短期間の契約で様子を見るのも1つの選択です。きちんと働いていれば、現場の管理職から期間延長の誘いがくる場合が多いので、短期間の契約で始めても期間延長はできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です