労働力の調整弁としての期間工について

製造業において適正な労働力の確保と言うのは非常に重要なテーマです。需要が高い時に必要な労働力がない事は損失であると考えられていますし、需要がない時に必要以上の労働力を抱えていることも損失となります。常に必要最小限に止めた適正な労働力を加工した状態であり続けることが国際的な競争力を維持するということにつながるため、大規模な製造業の中には期間工と呼ばれる仕組みを採用しているケースが少なからず存在しています。期間工とはその名称が示しているとおり一定期間に限定した雇用契約を結ぶ労働者のことをいいます。

すなわち入社した段階から退職の時期が明確に決まっている従業員のことをいいます。雇用開始の段階で再び再雇用につながる場合もありますが、その段階での社会情勢により労働力が余剰であると言う状況であれば期間工の再雇用が行われる事はありません。このように自動的に契約が消えていく労働者を一定割合で加工しておくことにより適正な労働力を維持しようとするのがある期間工の仕組みです。このような雇用条件であるため期間工の待遇は決して悪いものではありません。

工場によっては契約期間中の住宅を確保してくれる場合もありますし、遠方からの出稼ぎ労働者にとっても非常に魅力的な環境が整備されています。給与面でもいわゆるアルバイトとは異なりしっかりとした待遇で迎えられます。現在の製造業にとって必要な仕組みの1つとしてこのような雇用形態が存在しており、日本の経済を支えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です