一定の期間のみ働く期間工の求人に関する特徴

一定の期間のみ雇用して働いてもらう期間工の求人は、昔に比較して減ってきています。一方でこの期間限定での働き方を長く続けている代表例が自動車産業です。自動車産業は繁閑期が分かりやすく、決算前や年度末などには多く売りたい意向が入っています。その他、モデルチェンジなどで注文が多く入るときなどには、増産体制にしないと乗り切れません。

したがって、そのときだけ期間工の求人が増加するわけです。期間工ですから一定の期間だけ働くということになります。しかしながら、一般的にはその求人条件はよく、賃金の高さだけではなく社会保険、厚生年金への加入も行われるのが一般的です。こうした対応があるため人気があると思われがちですが、年々その応募者の数が減少してきているという話も聞かれています。

少子化と高齢化による現役世代の減少が、ここでも言われいるところです。好待遇で対応をする他にも、期間工として働いてもらうのではなく正式な社員として働いてもらう切り替え、働きかけもよくされています。優秀な人材の囲い込みを行うことで、製造への影響を少しでも減らそうと言うわけです。こうしてニーズは高くあるものの、徐々に応募する人数が減少するなどの影響が出始めています。

この他、期間工の求人に応募するのは、景気にも左右されます。景気がよいときには若い人材は、別の仕事を探してそちらへと行ってしまいます。景気が悪いときにはこちらに応募するというように、景気に左右されがちな業界であるとも言えます。静岡の期間工のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です