期間工の面接で落とされてしまう人のポイント

エコカーブームに乗り、需要が高まる自動車業界では、期間工の求人が多くあります。自動車メーカーと直接契約できるため、高い収入が見込める事と、充実した福利厚生もが魅力に惹かれ期間工に応募する方も多いと思います。一般的に期間工の求人は面接の準備をしなくていいと言われています。これは、自動車メーカーが人数を確保するためでもあります。

しかし実際に面接で落とされている方もいるのは事実です。では、どのような人が面接で落とされているのか面接時のタブーとなっていることをここで紹介していきます。まず1つ目に、履歴書の書き方です。いくら面接が甘いからといっても履歴書に必要事項が記入されていなかったり、志望動機等が抜けている場合は不採用となる事があります。

社会人として、履歴書を作成する事は常識です。その常識が守れないと言う事は非常識な人間とみなされてしまうのです。2つ目に、面接時の服装です。スーツを着ていくことが基本ではありますが、襟のあるシャツにスラックス等、清潔感のある服装で面接に臨めば問題はないでしょう。

最後に、面接で聞かれる質問についてです。期間工は、夜勤があったり長時間の残業があったりと身体的にとてもきつい仕事です。このことから、面接時に人事の方から仕事内容がきついが大丈夫かと言う質問があります。この時に自信なさげな表情や言動をすると採用となる可能性が高くなります。

質問はもう一つあります。期間工のほとんどは、自動車メーカーが用意した寮に住むことになりますが、この寮があまり綺麗ではない為、寮についての質問がありますので、これについても大丈夫ですと返答することが重要です。以上のことをしっかりと守って面接に臨みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です