ファクタリング会社を比較する方法

ファクタリングを行っている会社には、銀行系やノンバンク系、独立系の3種類があるので、それぞれを比較して検討することが大切です。銀行系は2社間を提供していることが少なく、3社間がメインです。

ファクタリングの比較の情報はここで調べよう。

したがって銀行系に申し込むと売掛先にも利用することを知られてしまいます。

3社間では利用社、売掛先、ファクタリング会社の3社で合意を行う契約なので、売掛先に合意の確認を行わなければならない為、時間がかかってしまうというデメリットがあります。

さらに売掛金を売却するという行為なので、売掛先との関係が悪化してしまう恐れもあります。


ノンバンク系とは預金などの業務は行わないで、金銭の貸付のみを生業としている貸金業者のことを言います。


商工ファクタリングと呼ばれることもあり、消費者金融や信販会社、リース会社などがノンバンク系です。



ノンバンク系は、銀行系よりも入金までの期間が短いという特徴があります。手数料は銀行に次いで低い傾向なので、比較的利用しやすいです。

利用可能金額は小口から大口まであり、3社間ファクタリングが中心です。


ノンバンク系は銀行系と独立系の丁度中間に位置しているので、大企業や中小企業まで幅広いニーズに対応しています。
独立系とは親会社が金融機関や信販会社以外のノンバンク系を指すことが多いです。


2社間取引を行っているという特徴があるので、売掛先に利用することを知られたくない場合に活用することができます。

このような特徴をよく理解して、ファクタリング会社を比較するのがいいでしょう。