ファクタリングのリスク度合いを比較する

売掛債権を売却することで現金化できるファクタリングサービスには、2つのタイプがあります。

人気なファクタリングの比較情報に精通したサイトです。

1つは債権そのものをそっくり専門事業者に売り渡すタイプで、売掛先の承諾が必要になることから、三社間ファクタリングと呼ばれています。

この場合、売掛金は事業者あてに支払われます。


もう1つは二社間ファクタリングと呼ばれるタイプで、利用者は売却代金を受け取る一方で、売掛金の支払いも受けます。

ただし入金があったら、事業者あてにただちに納付します。利用者の目から両者を比較した場合、三社間タイプにはリスクヘッジ機能があるということが分かります。


万が一売掛金が不良債権化しても、その影響を受けるのは利用者でなくファクタリング事業者です。一方、二社間タイプの場合はさらに償還請求権付きのものとそうでないものの2つに分かれます。



このうち前者では債権が回収不能になったら事業者が売却代金の返還を求めることができるのに対し、後者ではそれができません。こうしてそれぞれのタイプを比較すると、利用者にとっては債権の回収不能リスクがなくなる方が有利かつ安全に利用できるということになります。

ただし、その代わり利用手数料が高額になります。

具体的な金額は事業者ごとに異なりますが、一般的には三社間タイプと比較した場合は二社間タイプの方が、二社間タイプの中でも償還請求権があるよりはない方が、それぞれ手数料は高く設定されています。
つまり利用者側にとっては、リスクが高い方をとるか買取額が高い方をとるかを選択する必要があるということになります。