ファクタリングは種類ごとに比較しよう

ファクタリングを利用しようと考えていても、どこの会社を選んだらいいのかわからないという方が多いのではないでしょうか。


そんな時は、種類ごとに比較しながら選ぶのがおすすめです。

ターゲットに応じたファクタリングの比較の情報がいっぱい詰まったサイトです。

ファクタリングは金融機関からの融資に頼らない国も奨励しているシステムですが、その利便性を着目して、粗悪なサービスを提供している悪徳会社も増えています。
したがってどのようなシステムになっているか十分に理解して慎重に会社選びをすることが大切です。

悪質な会社を利用してしまうと、多大な損失を被ってしまう恐れがあります。
きちんと比較を行って、信頼できる優良なファクタリング会社を選ぶことがポイントになります。
ファクタリング会社は、銀行系やノンバンク系、独立系の3種類に分けて比較することができます。銀行系とは、銀行傘下の子会社や関連会社が運営する会社です。
この事業はメガバンクや大手銀行以外にも、地方銀行や信用金庫なども展開しています。
銀行系は金融のプロフェッショナルである銀行が親会社なので、高い信頼感と安心感があります。
銀行系を利用するのは中小企業や個人事業主だけでなく、大企業も利用していることが多いです。



他にもメリットとして、手数料が1〜10%と低く抑えられているので調達コストに優れている点が挙げられます。

ただし売掛先の信用調査や業績、経営状況などを厳しく確認することが多いので、審査を通過するのが難しいといえます。


利用額も制限されていることが多いので、高額の資金調達は難しいです。