ファクタリングの種類を比較

ファクタリングは売掛金が回収できない状態になった時に保証してもらえたり、売掛を早期に現金化してもらえるサービスの事です。

企業間の取引は全てではないですが、ほとんどが買掛と売掛で取引されます。売り上げをあげてもその場で現金が入ってくるのではなく、後で決済するのですぐに現金化したい時や万が一回収が不能になった場合に保証があると安心です。

ファクタリングには大きく分けて2つの種類があって、買取型と保証型で、二つを比較するとその目的には違いがあります。買取型は売掛を持っている企業が早期に現金化して資金を調達したいという場合に、サービス提供側の業者が企業から売掛を買い取る形で現金化できるサービスです。


これによって急に資金調達をしないといけなくなった場合でも、対応できます。

ファクタリングの比較の情報をお知らせします。

金融機関からの融資と違って資金調達をする企業が審査対象になるのではなく、売掛先の企業が審査の対象になるので、売掛先の信用度が高ければ審査が通ります。


そのため銀行融資と比較して、中小企業でも審査に通りやすく資金調達法として便利です。


保証型の方は売掛債権が回収不能になった場合に、保証をしてくれるファクタリングです。



買取型と比較すると資金調達法というよりは、売掛回収が不能になって損失を出さないための保険という意味合いが強いです。
上限額は売掛先の企業の信用度によって決まってきます。



そのため信用力の高い取引先の売掛ほど、より枠を用意してもらえます。